佐倉市の習い事

「佐倉市で子供に通わせたい習い事はある?」

「子供に習い事をさせたいけど佐倉市には目ぼしいものが見つからない」

こんな困りごとを抱えたママさんも少なくないですよね。

お子さんの未来を考えた場合、あなたの希望だけで佐倉市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだというリアルがあるからと言えます。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

両親や代々受け継いできたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、誰もが知っていることです。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になってから影響が強く出るそうです。

例えば、お子さんに「理解力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも遺伝により受け継いだ「理解力」は姿を見せません。

それが、時を経て大人になり、「理解力」が徐々に開花し、周囲の人間より「理解力」が高くなるというわけです。


佐倉市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に佐倉市で習い事をして力をつけても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

知能も遺伝する

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

なんて悩んでしまう方もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

佐倉市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最近では遺伝子検査をすることによって、どのような能力を持っているかが分かります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなのでお子さんに負担を感じさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>佐倉市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すればマスターできます。日本で生まれ育てば誰でも日本語を習得するというのがその証拠です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、とびきりの才能がなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>佐倉市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

佐倉市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、はたまた体操選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


そこでも素質があるかどうかは遺伝によることがあるのです。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、スポーツによって、さらにはスポーツごとのポジションによっても、必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に向いていそうなスポーツが分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>佐倉市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、身体の動かし方や応用力などを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からトレーニングをしていました。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

佐倉市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツや遊びをして、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。