出雲市の習い事

「出雲市で子供に通わせたい習い事はある?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、出雲市にない」

こんな困りごとを抱えたママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、あなたの希望だけで出雲市での習い事を決めてしまうのはもったいないです!

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝であらかじめ決まっているという事実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報がわが子そのものを形づくっていることはご存知のことと思います。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、お子さんに「記憶力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝により受け継いだ「記憶力」は姿を見せません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「記憶力」の兆しが見え始め、周囲の人間より「記憶力」が高くなるというわけです。


出雲市で遺伝の素質


要するに、子供時代に出雲市で習い事をして実力をつけても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

知能も遺伝する

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

出雲市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最近では遺伝子検査をすることによって、どのような才能を持っているのか分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>出雲市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本で育った人なら誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、ピカイチの能力の有無よりも将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>出雲市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

出雲市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、あるいはマラソン選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


身体能力という面でも遺伝が関係しているものがあります。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によってもどの能力が必要かは変わってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に向いていそうなスポーツが分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>出雲市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを磨くことのできる時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、様々な感性を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でもいいということになります。

思うような習い事ができそうなところが出雲市辺りに無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。