加古川市の習い事

「加古川市で子供に習わせられるものはある?」

「子供に習い事をさせたいけど加古川市には目ぼしいものが見つからない」

そんな悩みを持っているママさんも少なくないですよね。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えた場合、親の意思決定で加古川市での習い事を決めてしまうのはもったいないです!

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだという実態があるからです。

遺伝による能力は大人になって開花する

両親や代々受け継いできたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、誰もが知っていることです。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例えば、お子さんに「注意力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝しているはずの「注意力」は姿を現しません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「注意力」が徐々に開花し、周囲の人間より「注意力」が高くなるというわけです。


加古川市で遺伝の素質


すなわち、今加古川市で習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

頭の良さも遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思われるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

加古川市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、子供の遺伝子検査をるすことで、隠れた能力が分かってしまいます。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に痛い思いをさせることもありません。少々お値段は高めですが、才能の無い習い事を無駄にさせることを考えれば価値があると思います。

>>加古川市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、日本語で会話するようになるのがその証です。

日本国内でも海外の方と接する機会も多くなり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、特別な能力を求めなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>加古川市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

加古川市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、はたまた体操選手にしたい。そんな夢を子供に託す親御さんもいるかもしれません。


身体能力という面でも遺伝が関わってくるのです。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によっても必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査によってその子に向いていそうなスポーツが分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>加古川市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツが上手くなるための大切なこの期間はゴールデンエイジ(黄金期間)と言われ、身体の動かし方やセンスを磨くことのできる時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でもいいということになります。

思うような習い事ができそうなところが加古川市辺りに無くても、色々なスポーツや遊びをして、身体を動かすように導いていくといいでしょう。