北上市の習い事

「北上市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が北上市にはない」

このような悩みをお持ちのママさんも少なくないですよね。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、あなたの希望だけで北上市での習い事を決めてしまうのはもったいないです!

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝によって確定してしまうという現実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

親から受け継いだ遺伝子情報がわが子そのものを形づくっていることはご存知のことでしょう。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例えば、お子さんに「認知能力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても「認知能力」の実力は発揮されません。

しかし、成人を過ぎた頃から、認知能力」が目立ち始め、その後高い「認知能力」が発揮されるのです。


北上市で遺伝の素質


すなわち、今北上市で習い事を頑張っても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

頭の良さも遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

なんて悩んでしまう方もいるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

北上市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、子供の遺伝子検査をるすことで、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、才能の無い習い事を無駄にさせることを考えれば価値があると思います。

>>北上市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、ひと際目立った才能が無くても将来の保険として身につけておきたい場合、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>北上市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

北上市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


そこでも素質があるかどうかは遺伝が関わってくるのです。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、どの能力が必要かは変わってきます。

とは言っても、遺伝子検査でその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>北上市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

子供に将来スポーツを頑張ってもらいたいと思っているなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や技術を身につけやすい時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、一つのスポーツに絞る必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

北上市の周りには習い事ができそうなところが無くても、上手く色々なスポーツを取り入れて、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。