印西市の習い事

「印西市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供に習い事をさせたいけど印西市には目ぼしいものが見つからない」

そんな心配をされているママさんも少なくないですよね。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えた場合、あなたの思い込みで印西市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだという現実があるのです。

遺伝による能力は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「ストレス耐性力」が遺伝していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝による「ストレス耐性力」の実力は見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「ストレス耐性力」の兆しが見え始め、望んでいなくても「ストレス耐性力」が他の人より高くなるということなのです。


印西市で遺伝の素質


すなわち、今印西市で習い事を頑張っても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

遺伝は外見や性格だけじゃない

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

印西市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、今は遺伝子検査が発達しており、どのような才能を持っているのか分かります。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>印西市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語を習得するというのがその証拠です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、とびきりの才能がなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>印西市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

印西市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


運動でも素質があるかどうかは遺伝が関わってくるのです。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもどの能力が必要かは変わってきます。

とは言っても、遺伝子検査でその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>印西市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、身体の動かし方やセンスを身につけやすい時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、幼い内に一つの競技に絞ってトレーニングをしなくてもいいのです。

印西市の周りには習い事ができそうなところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。