取手市の習い事

「取手市で子供に通わせたい習い事はある?」

「最近流行りの習い事が取手市にはない」

そんな心配をされているママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの今後の人生を考えた場合、あなたの思い込みで取手市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝によって確定してしまうというリアルがあるからと言えます。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親や代々受け継いできたDNA情報が我が子を構成しているということは皆が知っている事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になってから影響が強く出るそうです。

例としては、お子さんに「推理力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供の頃はどんなに勉強しても遺伝により受け継いだ「推理力」は姿を見せません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「推理力」が徐々に開花し、平均よりも「推理力」が高くなっていくのです。


取手市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に取手市で習い事をして力をつけても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境が与えてしまった影響です。

将来、あなたの子供が本来の才能を生かせるようになるには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

取手市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、隠れた能力が分かってしまいます。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなのでお子さんに苦痛はありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>取手市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、特別な能力を求めなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>取手市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

取手市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関係しているものがあります。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによっても違う能力が必要です。

とはいえ、遺伝子検査をすることで適しているスポーツが分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>取手市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期に身体の動かし方やセンスを身につけやすい時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、幼少期からトレーニングをしていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、様々な感性を磨くことができます。

プロ野球選手でも自らの意志で本格的に野球に打ち込んだのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

取手市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツや遊びをして、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。