可児市の習い事

「可児市で子供に通わせたい習い事はある?」

「可児市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

こんな困りごとを抱えたママパパも多くいらっしゃることでしょう。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと願うのであれば、親の意向や子供のわがままだけで可児市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝によって確定してしまうという現実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

主として両親の遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、お子さんに「分析力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にどんなに努力しても「分析力」の実力は発揮されません。

しかし、成人を過ぎた頃から、分析力」が目立ち始め、平均よりも「分析力」が高くなっていくのです。


可児市で遺伝の素質


要は、今のうちに可児市で数々の習い事を頑張っても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

勉強が嫌いだったとか、勉強をする機会が少なかったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

可児市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最近では遺伝子検査をすることによって、まだ秘めている本来の才能が分かるのです。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>可児市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、ちゃんと勉強すればできるようになります。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語を習得するというのがその証拠です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、ピカイチの能力の有無よりも将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>可児市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

可児市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、はたまた体操選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝によることがあるのです。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によっても必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>可児市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期にバランス感覚や運動のセンスを身につけ、運動神経が向上しやすいことが分かっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、幼少期からトレーニングをしていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、色々な感覚を体得できます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

可児市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。