台東区の習い事

「台東区に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供がやりたい習い事が台東区にない」

そんな心配をされている親御さんも少なくないことと思います。

お子さんの未来を考えた場合、あなたの希望だけで台東区での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明確という現実があるからです。

遺伝による能力は大人になって開花する

主として両親の遺伝子情報がお子さんを創造しているということは周知の事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人に向かって大きくなってくることがわかっています。

例えば、子供に人よりも優れた「理解力」が遺伝していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても「理解力」の実力は発揮されません。

それが、時を経て大人になり、「理解力」の兆しが見え始め、その後高い「理解力」が発揮されるのです。


台東区で遺伝の素質


すなわち、今台東区で習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、将来的にもったいないことになりかねないというわけです。

台東区の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、隠れた能力が分かってしまいます。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>台東区在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



ただ、語学に関しては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。育った土地が日本であれば、誰でも日本語を習得するというのがその証拠です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスマンも英語が必須となってきますから、とびきりの才能がなくても将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>台東区在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

台東区のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、あるいはマラソン選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関係しているものがあります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツによって、さらにはスポーツごとのポジションによっても、まったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで適しているスポーツが分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>台東区在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツが上手くなるための大切なこの期間はゴールデンエイジ(黄金期間)と言われ、バランス感覚や運動のセンスを磨くことのできる時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、様々な感性を磨くことができます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

良さそうな習い事をさせられるところが台東区の周りに無くても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすように導いていくといいでしょう。