各務原市の習い事

「各務原市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供に習い事をさせたいけど各務原市には目ぼしいものが見つからない」

そんな悩みを持っている親御さんもいると思います。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、親の意思決定で各務原市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明らかだという現実があるのです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

両親のDNA情報が基になって我が子を構成しているということは皆が知っている事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「知性」が遺伝していたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも遺伝しているはずの「知性」は姿を現しません。

ところが、大人になり年齢を重ねるにつれて、知性」が目立ち始め、望んでいなくても「知性」が他の人より高くなるということなのです。


各務原市で遺伝の素質


要するに、子供時代に各務原市で習い事をして実力をつけても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

学力・知能は遺伝で50%決まる

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境が影響しているものでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな能力があるのか見つけてあげることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

各務原市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような能力を持っているかが分かります。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に負担はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、才能の無い習い事を無駄にさせることを考えれば価値があると思います。

>>各務原市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、ちゃんと勉強すればできるようになります。日本で育った人なら誰でも毎日日本語を普通に使っていますよね。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、特別な能力を求めなくても将来は安定した職業に就いてほしいという場合は、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>各務原市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

各務原市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝によることがあるのです。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、まったく同じ能力が必要ということはありません。

とはいえ、遺伝子検査をすることで適しているスポーツが分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>各務原市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方や応用力などを身につけ、運動神経が向上しやすいことが分かっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、子供の頃からトレーニングをしていました。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。むしろ、いろんなスポーツをさせたほうが、様々な感性を磨くことができます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

良さそうな習い事をさせられるところが各務原市の周りに無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。