名古屋市の習い事

「名古屋市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、名古屋市にない」

こんな困りごとを抱えた親御さんもいると思います。

ただ、子供の将来を真剣に思うのでしたら、親の意向や子供のわがままだけで名古屋市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだという現実があるのです。

遺伝による能力は大人になって開花する

主として両親の遺伝子情報が我が子を構成しているということは周知の事実です。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になってから影響が強く出るそうです。

例として、子供に優れた「理解力」が遺伝して存在していたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも遺伝により受け継いだ「理解力」は姿を見せません。

しかし、成人を過ぎた頃から、理解力」が目立ち始め、平均よりも「理解力」が高くなっていくのです。


名古屋市で遺伝の素質


すなわち、今名古屋市で習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

学力・知能は遺伝で50%決まる

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな能力があるのか見つけてあげることが大切です。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

名古屋市の遺伝能力の伸び

「能力なんて、色々やらせてみて判断するものでしょ」と思われるでしょうが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような才能を持っているのか分かります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>名古屋市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すればマスターできます。日本で生まれ育てば誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本はこれから海外観光客を相手にする職業が増え、ビジネスマンも英語が必須となってきますから、特別な能力を求めなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>名古屋市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

名古屋市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


身体能力という面でも遺伝が関わってくるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によってもまったく同じ能力が必要ということはありません。

とはいえ、遺伝子検査をすることで向いているスポーツの方向性はわかります。

遺伝子検査によって、持久力があるのか、瞬発力があるのかがわかるので、それを元にスポーツを選ぶといいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査によって身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>名古屋市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や技術を吸収しやすいことがわかっています。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。むしろ、いろんなスポーツをさせたほうが、色々なセンスを磨くことができます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、幼い内に一つの競技に絞ってトレーニングをしなくてもいいのです。

思うような習い事ができそうなところが名古屋市辺りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。