吹田市の習い事

「吹田市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「最近流行りの習い事が吹田市にはない」

このような悩みをお持ちのママさんも少なくないですよね。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと願うのであれば、あなたの思い込みで吹田市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜなら子供の能力は、ほとんどが遺伝により明らかだという現実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

主として両親の遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、ご存知のことと思います。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例としては、お子さんに「推理力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供の頃にどんなに努力しても「推理力」の実力は発揮されません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「推理力」が徐々に開花し、望んでいなくても「推理力」が他の人より高くなるということなのです。


吹田市で遺伝の素質


言ってしまえば、今吹田市で頑張っている習い事があったとしても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

知能も遺伝する

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

吹田市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、最近では遺伝子検査をすることによって、どのような能力を持っているかが分かります。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に痛い思いをさせることもありません。費用は少々かかりますが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>吹田市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、日本語を習得するというのがその証拠です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、特別な能力を求めなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>吹田市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

吹田市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝がその向き不向きに関わります。


しかし、色々な要因が複雑に絡み合っているスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもまったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査によって身体能力もわかるので、気になる人はチェックしてみてください。

>>吹田市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やバランス感覚などを習得して成長が見込める時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でもいいということになります。

思うような習い事ができそうなところが吹田市辺りに無くても、色々なスポーツや遊びをして、体が動かせるように導いていくといいでしょう。