呉市の習い事

「呉市で子供に習わせられるものはある?」

「呉市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

このような悩みをお持ちのママさんも少なくないですよね。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えているのでしたら、親の意思決定で呉市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜなら子供の能力は、ほとんどが遺伝によって確定してしまうという事実があるのです。

遺伝による能力は大人になって開花する

主として両親の遺伝子情報がわが子そのものを形づくっていることは皆が知っている事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例えば、子供に人よりも優れた「記憶力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても受け継いだはずの「記憶力」の影すら見えません。

それが、時を経て大人になり、遺伝による「記憶力」が突出してきて、その後高い「記憶力」が発揮されるのです。


呉市で遺伝の素質


要は、今のうちに呉市で数々の習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた才能とは因果関係が無いと言えます。

知能も遺伝する

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

なんて悩んでしまう方もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が悪いとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来的にもったいないことになりかねないというわけです。

呉市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような才能を持っているのか分かります。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。少々お値段は高めですが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>呉市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学はちゃんと勉強すればできるようになります。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、ひと際目立った才能が無くても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の頃から英語を習わせるというのはいい選択でしょう。

>>呉市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

呉市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関係してきます。


しかし、色々な要因が複雑に絡み合っているスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによっても必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで向いているスポーツの方向性はわかります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>呉市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期にバランス感覚や運動のセンスを吸収しやすいことがわかっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からトレーニングをしていました。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、様々な感性を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

思うような習い事ができそうなところが呉市辺りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、体が動かせるように導いていくといいでしょう。