和歌山市の習い事

「和歌山市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、和歌山市にない」

このような悩みをお持ちのママさんも少なくないですよね。

お子さんの未来を思うのでしたら、あなたの希望だけで和歌山市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明確という事実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報が我が子を作り上げているというのは誰もが知っていることです。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例としては、お子さんに「認知能力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝により受け継いだ「認知能力」は姿を見せません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「認知能力」が突出して目立って来るようになり、周囲の人間より「認知能力」が高くなるというわけです。


和歌山市で遺伝の素質


要するに、子供時代に和歌山市で習い事をして実力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

学力・知能は遺伝する?

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供にどんな能力があるのか見つけてあげることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

和歌山市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってどのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。費用は少々かかりますが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>和歌山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、特別な才能はなくてもいいから将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>和歌山市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

和歌山市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、あるいはマラソン選手にしたい。そんな夢を子供に託す親御さんもいるかもしれません。


身体能力という面でも遺伝が関わってくるのです。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもまったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力などもわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>和歌山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

子供の将来に何かしらのスポーツをとお考えなら、3歳〜14歳までにいろんなスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを身につけ、運動神経が向上しやすいことが分かっています。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、いろんな能力を体得できます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

和歌山市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツや遊びをして、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。