唐津市の習い事

「唐津市でうちの子が通えそうな習い事は何があるの?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、唐津市にない」

そんなモヤモヤを抱えている親御さんも少なくないことと思います。

お子さんの未来を考えた場合、あなたの希望だけで唐津市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝によってすでに決まっているというリアルがあるからと言えます。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親のDNA情報が基になってお子さんを創造しているということは皆が知っている事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になってから影響が強く出るそうです。

例として、子供に優れた「読解力」が遺伝して存在していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝による「読解力」の実力は見えません。

それが、時を経て大人になり、読解力」が目立ち始め、自分の意志とは関係なく「読解力」が高くなることがあるのです。


唐津市で遺伝の素質


要は、今のうちに唐津市で数々の習い事を頑張っても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

学力・知能は遺伝する?

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

なんて悩んでしまう方もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

唐津市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような能力を持っているかが分かります。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に負担はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>唐津市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すれば習得できるものです。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、とびきりの才能がなくても将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>唐津市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

唐津市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関係しているものがあります。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもどの能力が必要かは変わってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、気になる人はチェックしてみてください。

>>唐津市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期にバランス感覚や技術を習得して成長が見込める時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、色々なセンスを磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

唐津市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、身体を動かすように導いていくといいでしょう。