四国中央市の習い事

「四国中央市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が四国中央市にはない」

そんな心配をされているママさんも少なくないですよね。

ただ、子供の将来を真剣に思うのでしたら、あなたの思い込みで四国中央市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝であらかじめ決まっているという事実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報が我が子を作り上げているというのは周知の事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人に向かって大きくなってくることがわかっています。

例えば、お子さんに「理解力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃はどんなに勉強しても遺伝しているはずの「理解力」は姿を現しません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、理解力」が目立ち始め、望んでいなくても「理解力」が他の人より高くなるということなのです。


四国中央市で遺伝の素質


要するに、子供時代に四国中央市で習い事をして実力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

知能も遺伝する

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境が与えてしまった影響です。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

四国中央市の遺伝能力の伸び

「能力なんて、色々やらせてみて判断するものでしょ」と思われるでしょうが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>四国中央市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すれば習得できるものです。日本で育った人なら誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本はこれから海外観光客を相手にする職業が増え、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、特別な能力を求めなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>四国中央市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

四国中央市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、でなければ水泳選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関わってくるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもまったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで向いているスポーツの方向性はわかります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>四国中央市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、バランス感覚や運動のセンスを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、様々な感性を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

四国中央市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。