四日市市の習い事

「四日市市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「四日市市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

そんな心配をされている親御さんも少なくないことと思います。

ただ、子供の将来を真剣に考えた場合、あなたの思い込みで四日市市で通う習い事を決めてしまわない方が良いですよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明らかだという実態があるからです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

両親や祖父母、さらには先祖より受け継がれたDNA情報がお子さんを創造しているということは誰もが知っていることです。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例えば、子供に人よりも優れた「記憶力」が遺伝していたとします。子供の頃にどんなに努力しても受け継いだはずの「記憶力」の影すら見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、記憶力」が目立ち始め、平均よりも「記憶力」が高くなっていくのです。


四日市市で遺伝の素質


要は、今のうちに四日市市で数々の習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

知能も遺伝する

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供にどんな能力があるのか見つけてあげることが大切です。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

四日市市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、今は遺伝子検査が発達しており、どのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>四日市市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、誰でも勉強さえすれば習得できます。育った土地が日本であれば、誰でも日本語を習得するというのがその証拠です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、とびきりの才能がなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>四日市市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

四日市市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、はたまた体操選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関わってくるのです。


しかし、色々な要因が複雑に絡み合っているスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもどの能力が必要かは変わってきます。

とは言っても、遺伝子検査で適しているスポーツが分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>四日市市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やバランス感覚などを身につけやすい時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

四日市市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。