四條畷市の習い事

「四條畷市でうちの子が通えそうな習い事は何があるの?」

「最近流行りの習い事が四條畷市にはない」

こんな困りごとを抱えたママさんも少なくないですよね。

ただ、子供の将来を真剣に思うのでしたら、子供の気まぐれな感情で四條畷市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝によってすでに決まっているという事実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になってから影響が強く出るそうです。

例えば、お子さんに「計算力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも「計算力」の実力は発揮されません。

しかし、成人を過ぎて大人になるにつれて、遺伝による「計算力」が突出してきて、その後高い「計算力」が発揮されるのです。


四條畷市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に四條畷市で習い事をして力をつけても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

頭の良さも遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が悪いとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

四條畷市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最近では遺伝子検査をすることによって、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に痛い思いをさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>四條畷市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、学習すれば習得できるものです。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、毎日日本語を普通に使っていますよね。

日本国内でも海外の方と接する機会も多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、ひと際目立った才能が無くても将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>四條畷市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

四條畷市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、あるいはマラソン選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関わってくるのです。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツによって、さらにはスポーツごとのポジションによっても、必要な能力が違ってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力などもわかるので、スポーツを選ぶ際、参考にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>四條畷市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

子供に将来スポーツを頑張ってもらいたいと思っているなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを習得して成長が見込める時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な感性を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

四條畷市の周りには習い事ができそうなところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。