国分寺市の習い事

「国分寺市で子供に習わせられるものはある?」

「子供に習い事をさせたいけど国分寺市には目ぼしいものが見つからない」

そんな悩みを持っているママさんも少なくないですよね。

お子さんの今後の人生を考えているのでしたら、親の意思決定で国分寺市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝によって確定してしまうという事実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

両親や代々受け継いできたDNA情報がわが子そのものを形づくっていることは皆が知っている事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例えば、お子さんに「注意力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃はどんなに勉強しても「注意力」の実力は発揮されません。

それが、時を経て大人になり、「注意力」が徐々に開花し、平均よりも「注意力」が高くなっていくのです。


国分寺市で遺伝の素質


すなわち、今国分寺市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

頭の良さも遺伝する?

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供にどんな能力があるのか見つけてあげることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

国分寺市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最近では遺伝子検査をすることによって、どのような能力を持っているかが分かります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に痛い思いをさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>国分寺市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すればマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語で会話するようになるのがその証です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、ピカイチの能力の有無よりも将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>国分寺市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

国分寺市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝が関わってくるのです。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツによって、さらにはスポーツごとのポジションによっても、違う能力が必要です。

とは言うものの、遺伝子検査によってその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、気になる人はチェックしてみてください。

>>国分寺市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを身につけやすい時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、同じスポーツをさせ続ける必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

良さそうな習い事をさせられるところが国分寺市の周りに無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、体が動かせるように導いていくといいでしょう。