国立市の習い事

「国立市で子供に通わせたい習い事はある?」

「最近流行りの習い事が国立市にはない」

そんな心配をされているママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの今後の人生を思うのでしたら、あなたの思い込みで国立市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜなら子供の能力は、ほとんどが遺伝であらかじめ決まっているという事実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親や代々受け継いできたDNA情報が我が子を構成しているということは周知の事実です。

とは言え、遺伝による能力の作用は、子供のうちは影響が小さく大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、お子さんに「判断能力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝しているはずの「判断能力」は姿を現しません。

それが、時を経て大人になり、「判断能力」の兆しが見え始め、平均よりも「判断能力」が高くなっていくのです。


国立市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に国立市で習い事をして力をつけても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

将来、あなたの子供が本来の才能を生かせるようになるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、将来的に勿体ないことになりかねません。

国立市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、今は遺伝子検査が発達しており、潜在能力がわかります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなのでお子さんに負担を感じさせることもありません。費用は少々かかりますが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>国立市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、誰でも勉強さえすれば習得できます。育った土地が日本であれば、誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、ピカイチの能力の有無よりも将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>国立市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

国立市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまた体操選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関わってくるのです。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査によって向いているスポーツの方向性はわかります。

持久力瞬発力などもわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>国立市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを身につけやすい時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、幼少期からトレーニングをしていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、同じスポーツをさせ続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な能力を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

国立市の周りには習い事ができそうなところが無くても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。