坂戸市の習い事

「坂戸市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が坂戸市にはない」

そんなモヤモヤを抱えているパパママも多いことでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えるのであれば、親の意思決定で坂戸市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝であらかじめ決まっているという現実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報が我が子を作り上げているというのはご存知のことでしょう。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例えば、お子さんに「ストレス耐性力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝しているはずの「ストレス耐性力」は姿を現しません。

それが、時を経て大人になり、「ストレス耐性力」が徐々に開花し、自分の意志とは関係なく「ストレス耐性力」が高くなることがあるのです。


坂戸市で遺伝の素質


要は、今のうちに坂戸市で数々の習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境による影響と言えるでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

坂戸市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、最近では遺伝子検査をすることによって、どのような才能を持っているのか分かります。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に痛い思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>坂戸市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、ちゃんと勉強すればできるようになります。育った土地が日本であれば、誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、特別な能力を求めなくても将来の保険として身につけておきたい場合、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>坂戸市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

坂戸市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝によることがあるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもまったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査によってその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>坂戸市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

子供に将来スポーツを頑張ってもらいたいと思っているなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やバランス感覚などを習得して成長が見込める時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。むしろ、いろんなスポーツをさせたほうが、様々な能力を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

坂戸市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、遊びの中にスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。