多摩市の習い事

「多摩市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、多摩市にない」

そんな心配をされている親御さんもいると思います。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、子供の気まぐれな感情で多摩市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝であらかじめ決まっているという現実があるからです。

遺伝による能力は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報がわが子そのものを形づくっていることは皆が知っている事実です。

とは言え、遺伝による能力の作用は、子供のうちは影響が小さく大人に向かって大きくなってくることがわかっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「理解力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても受け継いだはずの「理解力」の影すら見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「理解力」が突出して目立って来るようになり、自分の意志とは関係なく「理解力」が高くなることがあるのです。


多摩市で遺伝の素質


すなわち、今多摩市で習い事を頑張っても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

遺伝は外見や性格だけじゃない

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、将来的に勿体ないことになりかねません。

多摩市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってまだ秘めている本来の才能が分かるのです。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に嫌な思いをさせることもありません。費用は少々かかりますが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>多摩市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、とびきりの才能がなくても将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>多摩市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

多摩市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝がその向き不向きに関わります。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によっても必要な能力が違ってきます。

とは言うものの、遺伝子検査によってその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

遺伝子検査によって、持久力があるのか、瞬発力があるのかがわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>多摩市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを身につけやすい時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

多摩市の周りには習い事ができそうなところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。