多治見市の習い事

「多治見市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が多治見市にはない」

こんな困りごとを抱えたパパママも多いことでしょう。

ただ、子供の将来を真剣に考えた場合、あなたの思い込みで多治見市での習い事を決めてしまうのはもったいないです!

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝であらかじめ決まっているという現実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親や代々受け継いできたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、ご存知のことと思います。

とは言え、遺伝による能力の作用は、子供のうちは影響が小さく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例えば、子供に人よりも優れた「判断能力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても受け継いだはずの「判断能力」の影すら見えません。

それが、時を経て大人になり、判断能力」が目立ち始め、望んでいなくても「判断能力」が他の人より高くなるということなのです。


多治見市で遺伝の素質


要は、今のうちに多治見市で数々の習い事を頑張っても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

学力・知能は遺伝で50%決まる

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思われるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

多治見市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に痛い思いをさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>多治見市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、ひと際目立った才能が無くても将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>多治見市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

多治見市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、でなければ水泳選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝がその向き不向きに関わります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによっても必要な能力が違ってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、気になる人はチェックしてみてください。

>>多治見市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

子供の将来に何かしらのスポーツをとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、身体の動かし方やセンスを習得して成長が見込める時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、色々なセンスを磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

多治見市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、遊びの中にスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。