大崎市の習い事

「大崎市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、大崎市にない」

そんな心配をされている親御さんも少なくないことと思います。

お子さんの今後の人生を考えるのであれば、子供の気まぐれな感情で大崎市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

遺伝による才能は大人になって発現する

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になってから影響が強く出るそうです。

例を挙げれば、お子さんに優れた「判断能力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝による「判断能力」の実力は見えません。

しかし、成人を過ぎて大人になるにつれて、判断能力」が目立ち始め、平均よりも「判断能力」が高くなっていくのです。


大崎市で遺伝の素質


要は、今のうちに大崎市で数々の習い事を頑張っても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

勉強が嫌いだったとか、勉強をする機会が少なかったなどが環境が影響しているものでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな能力があるのか見つけてあげることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

大崎市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような才能を持っているのか分かります。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に痛い思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>大崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は誰でも勉強さえすれば習得できます。日本で育った人なら誰でも自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、ピカイチの能力の有無よりも将来は安定した職業に就いてほしいという場合は、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>大崎市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

大崎市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。そんな夢を子供に託す親御さんもいるかもしれません。


そこでも素質があるかどうかは遺伝が関わってくるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでも必要な能力が違ってきます。

とは言うものの、遺伝子検査によって適しているスポーツが分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ際、参考にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>大崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツが上手くなるための大切なこの期間はゴールデンエイジ(黄金期間)と言われ、身体の動かし方やセンスを身につけ、運動神経が向上しやすいことが分かっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、様々な能力を磨くことができます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

大崎市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツや遊びをして、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。