大阪狭山市の習い事

「大阪狭山市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、大阪狭山市にない」

そんな心配をされているパパママも多いことでしょう。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと考えた場合、子供の気まぐれな感情で大阪狭山市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明確という事実があるのです。

遺伝による能力は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例としては、お子さんに「分析力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝により受け継いだ「分析力」は姿を見せません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、遺伝による「分析力」が突出してきて、平均よりも「分析力」が高くなっていくのです。


大阪狭山市で遺伝の素質


すなわち、今大阪狭山市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が影響しているものでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

大阪狭山市の遺伝能力の伸び

「能力なんて、色々やらせてみて判断するものでしょ」と思われるでしょうが、今は遺伝子検査が発達しており、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。費用は少々かかりますが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>大阪狭山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、学習すれば習得できるものです。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、特別な才能はなくてもいいから将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>大阪狭山市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

大阪狭山市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


運動でも素質があるかどうかは遺伝が関係してきます。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもどの能力が必要かは変わってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に向いていそうなスポーツが分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>大阪狭山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、バランス感覚や運動のセンスを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロ野球選手でも自らの意志で本格的に野球に打ち込んだのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

大阪狭山市の周りには習い事ができそうなところが無くても、遊びの中にスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。