太田市の習い事

「太田市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「太田市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

そんな悩みを持っている親御さんも少なくないことと思います。

お子さんの未来を考えた場合、親の意思決定で太田市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝によってすでに決まっているという現実があるからです。

遺伝による才能は大人になって発現する

両親や代々受け継いできたDNA情報がわが子そのものを形づくっていることは誰もが知っていることです。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になってから影響が強く出るそうです。

例を挙げれば、お子さんに優れた「注意力」が遺伝していたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも遺伝による「注意力」の実力は見えません。

それが、時を経て大人になり、「注意力」が徐々に開花し、その後高い「注意力」が発揮されるのです。


太田市で遺伝の素質


すなわち、今太田市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

学力・知能は遺伝する?

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

太田市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、最新の遺伝子検査で解析することによって、まだ秘めている本来の才能が分かるのです。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に負担はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>太田市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すれば習得できるものです。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、毎日日本語を普通に使っていますよね。

日本はこれから海外観光客を相手にする職業が増え、ビジネスマンも英語が必須となってきますから、ピカイチの能力の有無よりも将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>太田市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

太田市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関係しているものがあります。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもまったく違う能力が必要になってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に向いていそうなスポーツが分かります。

遺伝子検査によって、持久力があるのか、瞬発力があるのかがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>太田市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを身につけやすい時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々な感覚を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

太田市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツや遊びをして、身体を動かすように導いていくといいでしょう。