奈良市の習い事

「奈良市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「最近流行りの習い事が奈良市にはない」

そんな心配をされているママさんも少なくないですよね。

お子さんの今後の人生を思うのでしたら、あなたの希望だけで奈良市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝であらかじめ決まっているという事実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんを創造しているということはご存知のことと思います。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例としては、お子さんに「図形認識能力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝による「図形認識能力」の実力は見えません。

それが、時を経て大人になり、図形認識能力」が目立ち始め、その後高い「図形認識能力」が発揮されるのです。


奈良市で遺伝の素質


要するに、子供時代に奈良市で習い事をして実力をつけても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

奈良市の遺伝能力の伸び

「能力なんて、色々やらせてみて判断するものでしょ」と思われるでしょうが、今は遺伝子検査が発達しており、どのような才能を持っているのか分かります。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。費用は少々かかりますが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>奈良市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語で会話するようになるのがその証です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、ピカイチの能力の有無よりも将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>奈良市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

奈良市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


そこでも素質があるかどうかは遺伝がその向き不向きに関わります。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもまったく同じ能力が必要ということはありません。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで向いているスポーツの方向性はわかります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>奈良市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、バランス感覚や運動のセンスを習得して成長が見込める時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、同じスポーツをさせ続ける必要はありません。むしろ、いろんなスポーツをさせたほうが、様々な能力を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

奈良市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。