奥州市の習い事

「奥州市で子供に習わせられるものはある?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、奥州市にない」

このような悩みをお持ちの親御さんも少なくないことと思います。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、あなたの希望だけで奥州市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

両親や祖父母、さらには先祖より受け継がれたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、ご存知のことと思います。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例えば、子供に人よりも優れた「推理力」が遺伝していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても受け継いだはずの「推理力」の影すら見えません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「推理力」が徐々に開花し、平均よりも「推理力」が高くなっていくのです。


奥州市で遺伝の素質


言ってしまえば、今奥州市で頑張っている習い事があったとしても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

奥州市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、潜在能力がわかります。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>奥州市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、ちゃんと勉強すればできるようになります。日本で育った人なら誰でも毎日日本語を普通に使っていますよね。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、特別な能力を求めなくても将来は安定した職業に就いてほしいという場合は、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>奥州市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

奥州市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


実は運動の素質というのも、遺伝が関係しているものがあります。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもまったく同じ能力が必要ということはありません。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>奥州市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や技術を身につけ、運動神経が向上しやすいことが分かっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、同じスポーツをさせ続ける必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

奥州市の周りには習い事ができそうなところが無くても、遊びの中にスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。