守口市の習い事

「守口市でうちの子が通えそうな習い事は何があるの?」

「守口市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

そんなモヤモヤを抱えているママさんも少なくないですよね。

ただ、子供の将来を真剣に考えているのでしたら、親の意向や子供のわがままだけで守口市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだというリアルがあるからと言えます。

遺伝による才能は大人になって開花する

主として両親の遺伝子情報がお子さんを創造しているということはご存知のことでしょう。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例えば、お子さんに「記憶力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝により受け継いだ「記憶力」は姿を見せません。

しかし、成人を過ぎて大人になるにつれて、記憶力」が目立ち始め、周囲の人間より「記憶力」が高くなるというわけです。


守口市で遺伝の素質


要は、今のうちに守口市で数々の習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

知能も遺伝する

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

守口市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってまだ秘めている本来の才能が分かるのです。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなのでお子さんに負担を感じさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>守口市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、学習すればマスターできます。育った土地が日本であれば、誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、ひと際目立った才能が無くても将来は安定した職業に就いてほしいという場合は、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>守口市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

守口市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


そこでも素質があるかどうかは遺伝が関係しているものがあります。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によっても必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力などもわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>守口市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツが上手くなるための大切なこの期間はゴールデンエイジ(黄金期間)と言われ、バランス感覚や運動のセンスを吸収しやすいことがわかっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、いろんな能力を体得できます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、幼い内に一つの競技に絞ってトレーニングをしなくてもいいのです。

思うような習い事ができそうなところが守口市辺りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。