守山市の習い事

「守山市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が守山市にはない」

こんな困りごとを抱えたママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、あなたの思い込みで守山市での習い事を決めてしまうのはもったいないです!

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝により明らかだという事実があるのです。

遺伝による才能は大人になって発現する

主として両親の遺伝子情報がお子さんを創造しているということは周知の事実です。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、お子さんに「理解力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも遺伝しているはずの「理解力」は姿を現しません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「理解力」が徐々に開花し、平均よりも「理解力」が高くなっていくのです。


守山市で遺伝の素質


要は、今のうちに守山市で数々の習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

学力・知能は遺伝で50%決まる

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

なんて悩んでしまう方もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

将来、あなたの子供が本来の才能を生かせるようになるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

守山市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような能力を持っているかが分かります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>守山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、ちゃんと勉強すればできるようになります。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、特別な能力を求めなくても将来の選択肢を減らさないためにも、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>守山市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

守山市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


身体能力という面でも遺伝が関わってくるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもまったく同じ能力が必要ということはありません。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>守山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを吸収しやすいことがわかっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な感性を磨くことができます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

守山市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツや遊びをして、体が動かせるように導いていくといいでしょう。