安曇野市の習い事

「安曇野市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供に習い事をさせたいけど安曇野市には目ぼしいものが見つからない」

こんな困りごとを抱えたママさんも少なくないですよね。

ただ、子供の将来を真剣に考えた場合、あなたの希望だけで安曇野市で通う習い事を決めてしまわない方が良いですよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝によってすでに決まっているという事実があるのです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、ご存知のことと思います。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例として、子供に優れた「分析力」が遺伝して存在していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても「分析力」の実力は発揮されません。

しかし、成人を過ぎて大人になるにつれて、「分析力」が徐々に開花し、自分の意志とは関係なく「分析力」が高くなることがあるのです。


安曇野市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に安曇野市で習い事をして力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

学力・知能は遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思われるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

安曇野市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、子供の遺伝子検査をるすことで、隠れた能力が分かってしまいます。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、お子さんに苦痛はありません。少々お値段は高めですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>安曇野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、特別な能力を求めなくても将来は安定した職業に就いてほしいという場合は、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>安曇野市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

安曇野市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


運動でも素質があるかどうかは遺伝が関係しているものがあります。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によってもまったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで向いているスポーツの方向性はわかります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、それを元にスポーツを選ぶといいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>安曇野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを磨くことのできる時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な能力を磨くことができます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でもいいということになります。

安曇野市の周りには習い事ができそうなところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。