宮崎市の習い事

「宮崎市で子供に習わせられるものはある?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、宮崎市にない」

そんな心配をされているママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えた場合、あなたの希望だけで宮崎市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜなら子供の能力は、ほとんどが遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親のDNA情報が基になってお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「ストレス耐性力」が遺伝していたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも受け継いだはずの「ストレス耐性力」の影すら見えません。

それが、時を経て大人になり、ストレス耐性力」が目立ち始め、その後高い「ストレス耐性力」が発揮されるのです。


宮崎市で遺伝の素質


要は、今のうちに宮崎市で数々の習い事を頑張っても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

宮崎市の遺伝能力の伸び

「能力なんて、色々やらせてみて判断するものでしょ」と思われるでしょうが、子供の遺伝子検査をるすことで、まだ秘めている本来の才能が分かるのです。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。少々お値段は高めですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>宮崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、日本語を習得するというのがその証拠です。

日本はこれから海外観光客を相手にする職業が増え、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、とびきりの才能がなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>宮崎市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

宮崎市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関係しているものがあります。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、どの能力が必要かは変わってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>宮崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、バランス感覚や運動のセンスを習得して成長が見込める時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

宮崎市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。