富士見市の習い事

「富士見市で子供に習わせられるものはある?」

「最近流行りの習い事が富士見市にはない」

このような悩みをお持ちのパパママも多いことでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、親の意思決定で富士見市での習い事を決めてしまうのはもったいないです!

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明らかだという現実があるのです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

主として両親の遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になってから影響が強く出るそうです。

例えば、お子さんに「記憶力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝しているはずの「記憶力」は姿を現しません。

それが、時を経て大人になり、「記憶力」が徐々に開花し、平均よりも「記憶力」が高くなっていくのです。


富士見市で遺伝の素質


すなわち、今富士見市で習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

頭の良さも遺伝する?

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、将来的にもったいないことになりかねないというわけです。

富士見市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、今は遺伝子検査が発達しており、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に負担はありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>富士見市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本で育った人なら誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスマンも英語が必須となってきますから、ひと際目立った才能が無くても将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>富士見市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

富士見市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関係してきます。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツによって、さらにはスポーツごとのポジションによっても、違う能力が必要です。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力などもわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>富士見市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

子供に将来スポーツを頑張ってもらいたいと思っているなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、身体の動かし方や応用力などを身につけやすい時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、いろんなスポーツをさせたほうが、様々な感性を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

富士見市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツや遊びをして、体が動かせるように導いていくといいでしょう。