小田原市の習い事

「小田原市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が小田原市にはない」

そんなモヤモヤを抱えている親御さんもいると思います。

お子さんの今後の人生を思うのでしたら、親の意思決定で小田原市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝によって確定してしまうという実態があるからです。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親や代々受け継いできたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、ご存知のことと思います。

とは言え、遺伝による能力の作用は、子供のうちは影響が小さく大人になってから影響が強く出るそうです。

例としては、お子さんに「ストレス耐性力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供の頃はどんなに勉強しても受け継いだはずの「ストレス耐性力」の影すら見えません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「ストレス耐性力」が徐々に開花し、その後高い「ストレス耐性力」が発揮されるのです。


小田原市で遺伝の素質


すなわち、今小田原市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

遺伝は外見や性格だけじゃない

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

勉強が嫌いだったとか、勉強をする機会が少なかったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

小田原市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、最近では遺伝子検査をすることによって、どのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、子供に嫌な思いをさせることもありません。費用は少々かかりますが、才能の無い習い事を無駄にさせることを考えれば価値があると思います。

>>小田原市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



ただ、語学に関しては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、日本語で会話するようになるのがその証です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、ピカイチの能力の有無よりも将来の選択肢を減らさないためにも、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>小田原市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

小田原市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


運動でも素質があるかどうかは遺伝が関係しているものがあります。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもまったく違う能力が必要になってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで適しているスポーツが分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、気になる人はチェックしてみてください。

>>小田原市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、身体の動かし方や応用力などを習得して成長が見込める時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

小田原市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。