小金井市の習い事

「小金井市で子供に通わせたい習い事はある?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、小金井市にない」

こんな困りごとを抱えた親御さんも少なくないことと思います。

お子さんに明るい未来をあげたいと願うのであれば、あなたの思い込みで小金井市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明らかだという実態があるからです。

遺伝による才能は大人になって発現する

主として両親の遺伝子情報がお子さんを創造しているということはご存知のことと思います。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になってから影響が強く出るそうです。

例えば、お子さんに「ストレス耐性力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝しているはずの「ストレス耐性力」は姿を現しません。

それが、時を経て大人になり、「ストレス耐性力」が突出して目立って来るようになり、自分の意志とは関係なく「ストレス耐性力」が高くなることがあるのです。


小金井市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に小金井市で習い事をして力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

知能も遺伝する

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境が影響しているものでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

小金井市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、今は遺伝子検査が発達しており、潜在能力がわかります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に負担はありません。少々お値段は高めですが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>小金井市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、学習すればマスターできます。日本で育った人なら誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、とびきりの才能がなくても将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>小金井市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

小金井市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまた体操選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


運動でも素質があるかどうかは遺伝が関係してきます。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、まったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力などもわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>小金井市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、様々な能力を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

思うような習い事ができそうなところが小金井市辺りに無くても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。