尾張旭市の習い事

「尾張旭市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたい習い事が尾張旭市にない」

このような悩みをお持ちのママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの今後の人生を考えるのであれば、子供の気まぐれな感情で尾張旭市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝であらかじめ決まっているというリアルがあるからと言えます。

大人になって発現する遺伝による才能とは

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、周知の事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「判断能力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても受け継いだはずの「判断能力」の影すら見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「判断能力」が突出して目立って来るようになり、自分の意志とは関係なく「判断能力」が高くなることがあるのです。


尾張旭市で遺伝の素質


要するに、子供時代に尾張旭市で習い事をして実力をつけても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

知能も遺伝する

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

勉強が嫌いだったとか、勉強をする機会が少なかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

尾張旭市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような才能を持っているのか分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に負担はありません。費用は少々かかりますが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>尾張旭市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本国内でも海外の方と接する機会も多くなり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、ひと際目立った才能が無くても将来は安定した職業に就いてほしいという場合は、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>尾張旭市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

尾張旭市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関係しているものがあります。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもどの能力が必要かは変わってきます。

とはいえ、遺伝子検査によって適しているスポーツが分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、気になる人はチェックしてみてください。

>>尾張旭市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを習得して成長が見込める時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

思うような習い事ができそうなところが尾張旭市辺りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすように導いていくといいでしょう。