尾道市の習い事

「尾道市で子供に習わせられるものはある?」

「尾道市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

そんな悩みを持っているママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの今後の人生を考えるのであれば、あなたの思い込みで尾道市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだというリアルがあるからと言えます。

遺伝による才能は大人になって発現する

両親や代々受け継いできたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、子供に人よりも優れた「記憶力」が遺伝していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝しているはずの「記憶力」は姿を現しません。

ところが、大人になり年齢を重ねるにつれて、遺伝による「記憶力」が突出してきて、周囲の人間より「記憶力」が高くなるというわけです。


尾道市で遺伝の素質


言ってしまえば、今尾道市で頑張っている習い事があったとしても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

知能も遺伝する

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

尾道市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は遺伝子検査が発達しており、まだ秘めている本来の才能が分かるのです。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に痛い思いをさせることもありません。少々お値段は高めですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>尾道市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学はちゃんと勉強すればできるようになります。育った土地が日本であれば、誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、とびきりの才能がなくても将来の保険として身につけておきたい場合、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>尾道市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

尾道市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、あるいはマラソン選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝が関わってくるのです。


しかし、色々な要因が複雑に絡み合っているスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、必要な能力が違ってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで適しているスポーツが分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>尾道市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

子供に将来スポーツを頑張ってもらいたいと思っているなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツが上手くなるための大切なこの期間はゴールデンエイジ(黄金期間)と言われ、身体の動かし方や応用力などを習得して成長が見込める時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

思うような習い事ができそうなところが尾道市辺りに無くても、色々なスポーツや遊びをして、体が動かせるように導いていくといいでしょう。