山口市の習い事

「山口市で子供に通わせたい習い事はある?」

「子供がやりたい習い事が山口市にない」

このような悩みをお持ちのパパママも多いことでしょう。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと考えるのであれば、親の意思決定で山口市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝によって確定してしまうという現実があるのです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

両親や代々受け継いできたDNA情報がわが子そのものを形づくっていることは皆が知っている事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例としては、お子さんに「知性」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝により受け継いだ「知性」は姿を見せません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「知性」が徐々に開花し、その後高い「知性」が発揮されるのです。


山口市で遺伝の素質


要するに、子供時代に山口市で習い事をして実力をつけても、大人になって発揮される秀でた才能とは因果関係が無いと言えます。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来的にもったいないことになりかねないというわけです。

山口市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってどのような能力を持っているかが分かります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に痛い思いをさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>山口市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、ひと際目立った才能が無くても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>山口市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

山口市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまた体操選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


そこでも素質があるかどうかは遺伝が関係しているものがあります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもまったく違う能力が必要になってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に向いていそうなスポーツが分かります。

持久力瞬発力などもわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>山口市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツが上手くなるための大切なこの期間はゴールデンエイジ(黄金期間)と言われ、身体の動かし方や応用力などを磨くことのできる時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々なセンスを磨くことができます。

プロ野球選手でも自らの意志で本格的に野球に打ち込んだのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

山口市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、上手く色々なスポーツを取り入れて、体が動かせるように導いていくといいでしょう。