岡山市の習い事

「岡山市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、岡山市にない」

こんな困りごとを抱えたママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの今後の人生を願うのであれば、あなたの思い込みで岡山市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明らかだという事実があるのです。

遺伝による能力は大人になって開花する

両親や祖父母、さらには先祖より受け継がれたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、周知の事実です。

とは言え、遺伝による能力の作用は、子供のうちは影響が小さく大人に向かって大きくなってくることがわかっています。

例としては、お子さんに「知性」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても「知性」の実力は発揮されません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「知性」が突出して目立って来るようになり、その後高い「知性」が発揮されるのです。


岡山市で遺伝の素質


言ってしまえば、今岡山市で頑張っている習い事があったとしても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

頭の良さも遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

岡山市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってどのような才能を持っているのか分かります。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に負担はありません。少々お値段は高めですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>岡山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



ただ、語学に関しては遺伝は関係なく、学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも日本語を習得するというのがその証拠です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、特別な才能はなくてもいいから将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>岡山市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

岡山市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を子供に託す親御さんもいるかもしれません。


身体能力という面でも遺伝が関わってくるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、競技の種類によってもまったく同じ能力が必要ということはありません。

とはいえ、遺伝子検査をすることで適しているスポーツが分かります。

持久力瞬発力などもわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>岡山市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを磨くことのできる時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な能力を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

思うような習い事ができそうなところが岡山市辺りに無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、体が動かせるように導いていくといいでしょう。