岡崎市の習い事

「岡崎市で子供に通わせたい習い事はある?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、岡崎市にない」

このような悩みをお持ちのパパママも多いことでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと思うのでしたら、あなたの希望だけで岡崎市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

なぜなら子供の能力は、ほとんどが遺伝によってすでに決まっているという現実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

主として両親の遺伝子情報がわが子そのものを形づくっていることは皆が知っている事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、お子さんに「理解力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃はどんなに勉強しても遺伝による「理解力」の実力は見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、遺伝による「理解力」が突出してきて、平均よりも「理解力」が高くなっていくのです。


岡崎市で遺伝の素質


言ってしまえば、今岡崎市で頑張っている習い事があったとしても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

知能も遺伝する

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、将来的に勿体ないことになりかねません。

岡崎市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような能力を持っているかが分かります。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に負担はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>岡崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は勉強さえすれば、誰でもマスターできます。育った土地が日本であれば、誰でも毎日日本語を普通に使っていますよね。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、特別な才能はなくてもいいから将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>岡崎市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

岡崎市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関わってくるのです。


しかし、色々な要因が複雑に絡み合っているスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもまったく違う能力が必要になってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを元にスポーツを選ぶといいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>岡崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期に身体の動かし方やセンスを習得して成長が見込める時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からトレーニングをしていました。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、様々な能力を磨くことができます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

岡崎市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツや遊びをして、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。