岸和田市の習い事

「岸和田市で子供に通わせたい習い事はある?」

「子供に習い事をさせたいけど岸和田市には目ぼしいものが見つからない」

このような悩みをお持ちのパパママも多いことでしょう。

お子さんの今後の人生を思うのでしたら、あなたの希望だけで岸和田市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝であらかじめ決まっているという現実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報がわが子そのものを形づくっていることは誰もが知っていることです。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、子供に人よりも優れた「注意力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝による「注意力」の実力は見えません。

それが、時を経て大人になり、「注意力」が徐々に開花し、平均よりも「注意力」が高くなっていくのです。


岸和田市で遺伝の素質


要は、今のうちに岸和田市で数々の習い事を頑張っても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

知能も遺伝する

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

岸和田市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような能力を持っているかが分かります。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>岸和田市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本で育った人なら誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本国内でも海外の方と接する機会も多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、特別な能力を求めなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>岸和田市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

岸和田市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


身体能力という面でも遺伝が関係しているものがあります。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによっても必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで向いているスポーツの方向性はわかります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>岸和田市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを身につけやすい時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

岸和田市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、遊びの中にスポーツを取り入れて、体が動かせるように導いていくといいでしょう。