川西市の習い事

「川西市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたい習い事が川西市にない」

そんな心配をされているママさんも少なくないですよね。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと考えているのでしたら、あなたの思い込みで川西市で通う習い事を決めてしまわない方が良いですよ。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝によって確定してしまうという現実があるのです。

遺伝による才能は大人になって発現する

両親のDNA情報が基になってわが子そのものを形づくっていることは周知の事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人に向かって大きくなってくることがわかっています。

例えば、子供に人よりも優れた「知性」が遺伝していたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝により受け継いだ「知性」は姿を見せません。

それが、時を経て大人になり、知性」が目立ち始め、周囲の人間より「知性」が高くなるというわけです。


川西市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に川西市で習い事をして力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

頭の良さも遺伝する?

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が悪いとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

勉強が嫌いだったとか、勉強をする機会が少なかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

川西市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような才能を持っているのか分かります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなのでお子さんに負担を感じさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>川西市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、学習すれば習得できるものです。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、ピカイチの能力の有無よりも将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>川西市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

川西市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


実は運動の素質というのも、遺伝によることがあるのです。


しかし、色々な要因が複雑に絡み合っているスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでも違う能力が必要です。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで適しているスポーツが分かります。

持久力瞬発力などもわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>川西市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳までにいろんなスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界でゴールデンエイジ(黄金期間)と呼ばれるこの時期は、身体の動かし方やセンスを磨くことのできる時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々な感覚を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

良さそうな習い事をさせられるところが川西市の周りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。