市原市の習い事

「市原市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「市原市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

そんな悩みを持っているパパママも多いことでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えた場合、親の意思決定で市原市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだという事実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親のDNA情報が基になってお子さんという人格をつくっているということは、周知の事実です。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になってから影響が強く出るそうです。

例えば、お子さんに「認知能力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃はどんなに勉強しても受け継いだはずの「認知能力」の影すら見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「認知能力」が徐々に開花し、望んでいなくても「認知能力」が他の人より高くなるということなのです。


市原市で遺伝の素質


すなわち、今市原市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

学力・知能は遺伝で50%決まる

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

ずっと文系の習い事を続けているけど、実は理系の方が高い能力を持っているとしたら、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

市原市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、お子さんに苦痛はありません。費用は少々かかりますが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>市原市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、学習すれば習得できるものです。日本で育った人なら誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、とびきりの才能がなくても将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>市原市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

市原市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝が関係しているものがあります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、競技の種類によっても必要な能力が違ってきます。

とは言うものの、遺伝子検査によってその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、それを元にスポーツを選ぶといいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>市原市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やバランス感覚などを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々な感覚を体得できます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

市原市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツや遊びをして、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。