市川市の習い事

「市川市で子供に習わせられるものはある?」

「子供がやりたい習い事が市川市にない」

このような悩みをお持ちのママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの未来を願うのであれば、親の意向や子供のわがままだけで市川市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親や代々受け継いできたDNA情報が我が子を作り上げているというのは周知の事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になってから影響が強く出るそうです。

例を挙げれば、お子さんに優れた「認知能力」が遺伝していたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝による「認知能力」の実力は見えません。

それが、時を経て大人になり、「認知能力」が徐々に開花し、望んでいなくても「認知能力」が他の人より高くなるということなのです。


市川市で遺伝の素質


要するに、子供時代に市川市で習い事をして実力をつけても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

学力・知能は遺伝で50%決まる

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、失礼ながらあなたの成績が悪いとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響です。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

市川市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、最新の遺伝子検査で解析することによって、隠れた能力が分かってしまいます。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に負担はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、才能の無い習い事を無駄にさせることを考えれば価値があると思います。

>>市川市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



ただ、語学に関しては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、とびきりの才能がなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>市川市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

市川市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまた体操選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝によることがあるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

遺伝子検査によって、持久力があるのか、瞬発力があるのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>市川市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

子供の将来に何かしらのスポーツをとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やバランス感覚などを吸収しやすいことがわかっています。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、子供の頃からトレーニングをしていました。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、色々なセンスを磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でもいいということになります。

思うような習い事ができそうなところが市川市辺りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。