府中市の習い事

「府中市でうちの子が通えそうな習い事は何があるの?」

「府中市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

このような悩みをお持ちのママさんも少なくないですよね。

お子さんの今後の人生を考えた場合、あなたの思い込みで府中市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだという事実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんを創造しているということは周知の事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例としては、お子さんに「理解力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝しているはずの「理解力」は姿を現しません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「理解力」が徐々に開花し、周囲の人間より「理解力」が高くなるというわけです。


府中市で遺伝の素質


要は、今のうちに府中市で数々の習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

府中市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によって隠れた能力が分かってしまいます。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、数々の習い事にかけることを考えれば価値があると思います。

>>府中市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は誰でも勉強さえすれば習得できます。日本で育った人なら誰でも日本語を習得するというのがその証拠です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、とびきりの才能がなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>府中市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

府中市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝によることがあるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもどの能力が必要かは変わってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に向いていそうなスポーツが分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、スポーツを選ぶ際、参考にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>府中市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やバランス感覚などを磨くことのできる時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、子供の頃からトレーニングをしていました。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、一つのスポーツに絞る必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、いろんな能力を体得できます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

府中市の周りには習い事ができそうなところが無くても、遊びの中にスポーツを取り入れて、身体を動かすように導いていくといいでしょう。