掛川市の習い事

「掛川市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供に習い事をさせたいけど掛川市には目ぼしいものが見つからない」

そんな心配をされているパパママも多いことでしょう。

お子さんの今後の人生を願うのであれば、あなたの希望だけで掛川市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝により明らかだという現実があるのです。

遺伝による能力は大人になって開花する

両親や代々受け継いできたDNA情報が我が子を構成しているということは皆が知っている事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人に向かって大きくなってくることがわかっています。

例えば、子供に人よりも優れた「図形認識能力」が遺伝していたとします。子供の頃はどんなに勉強しても遺伝により受け継いだ「図形認識能力」は姿を見せません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、図形認識能力」が目立ち始め、自分の意志とは関係なく「図形認識能力」が高くなることがあるのです。


掛川市で遺伝の素質


すなわち、今掛川市で習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

知能も遺伝する

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

掛川市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によって隠れた能力が分かってしまいます。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。費用は少々かかりますが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>掛川市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本で育った人なら誰でも自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、ひと際目立った才能が無くても将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>掛川市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

掛川市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝がその向き不向きに関わります。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、違う能力が必要です。

とは言っても、遺伝子検査で伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力などもわかるので、スポーツを選ぶ際、参考にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>掛川市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを身につけ、運動神経が向上しやすいことが分かっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、いろんな能力を体得できます。

プロ野球選手でも自らの意志で本格的に野球に打ち込んだのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

掛川市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。