文京区の習い事

「文京区でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供に習い事をさせたいけど文京区には目ぼしいものが見つからない」

このような悩みをお持ちの親御さんも少なくないことと思います。

お子さんの今後の人生を思うのでしたら、子供の気まぐれな感情で文京区での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

両親や祖父母、さらには先祖より受け継がれたDNA情報がお子さんを創造しているということは周知の事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例えば、お子さんに「知性」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝しているはずの「知性」は姿を現しません。

しかし、成人を過ぎて大人になるにつれて、「知性」の兆しが見え始め、周囲の人間より「知性」が高くなるというわけです。


文京区で遺伝の素質


要するに、子供時代に文京区で習い事をして実力をつけても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

頭の良さも遺伝する?

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「じゃあ、私は文京区でも下から数えたほうが早いくらい頭が悪かったから子どももダメかも・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

将来、あなたの子供が本来の才能を生かせるようになるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

文京区の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、今は遺伝子検査が発達しており、潜在能力がわかります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>文京区在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すればマスターできます。育った土地が日本であれば、誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、特別な能力を求めなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>文京区在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

文京区のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、あるいはマラソン選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


身体能力という面でも遺伝がその向き不向きに関わります。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、まったく同じ能力が必要ということはありません。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>文京区在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方や応用力などを身につけやすい時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、いろんな能力を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

文京区辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。