新居浜市の習い事

「新居浜市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が新居浜市にはない」

このような悩みをお持ちの親御さんも少なくないことと思います。

お子さんの今後の人生を考えた場合、親の意向や子供のわがままだけで新居浜市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝によって確定してしまうという事実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

両親や祖父母、さらには先祖より受け継がれたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、誰もが知っていることです。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人に向かって大きくなってくることがわかっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「記憶力」が遺伝していたとします。子供の頃はどんなに勉強しても「記憶力」の実力は発揮されません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「記憶力」が突出して目立って来るようになり、自分の意志とは関係なく「記憶力」が高くなることがあるのです。


新居浜市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に新居浜市で習い事をして力をつけても、大人になって発揮される秀でた才能とは因果関係が無いと言えます。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

新居浜市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に痛い思いをさせることもありません。少々お値段は高めですが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>新居浜市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、ちゃんと勉強すればできるようになります。日本で生まれ育てば誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、とびきりの才能がなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>新居浜市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

新居浜市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、あるいはマラソン選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝がその向き不向きに関わります。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、競技の種類によっても必要な能力が違ってきます。

とは言うものの、遺伝子検査によって適しているスポーツが分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>新居浜市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やバランス感覚などを身につけ、運動神経が向上しやすいことが分かっています。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な感性を磨くことができます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

新居浜市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。