新座市の習い事

「新座市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「最近流行りの習い事が新座市にはない」

このような悩みをお持ちのパパママも多いことでしょう。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えるのであれば、あなたの思い込みで新座市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

遺伝による才能は大人になって発現する

親から受け継いだ遺伝子情報がわが子そのものを形づくっていることはご存知のことでしょう。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、お子さんに「ストレス耐性力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても「ストレス耐性力」の実力は発揮されません。

ところが、大人になり年齢を重ねるにつれて、「ストレス耐性力」の兆しが見え始め、望んでいなくても「ストレス耐性力」が他の人より高くなるということなのです。


新座市で遺伝の素質


つまり、子供の頃に新座市で習い事をして力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

学力・知能は遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思われるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

新座市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によって隠れた能力が分かってしまいます。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>新座市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本はこれから海外観光客を相手にする職業が増え、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、ピカイチの能力の有無よりも将来の選択肢を減らさないためにも、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>新座市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

新座市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝が関係しているものがあります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによっても違う能力が必要です。

とは言うものの、遺伝子検査によって向いているスポーツの方向性はわかります。

持久力瞬発力などもわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>新座市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

子供に将来スポーツを頑張ってもらいたいと思っているなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを身につけやすい時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、様々な感性を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

新座市の周りには習い事ができそうなところが無くても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすように導いていくといいでしょう。