新潟市の習い事

「新潟市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、新潟市にない」

こんな困りごとを抱えた親御さんもいると思います。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと願うのであれば、親の意思決定で新潟市で通う習い事を決めてしまわない方が良いですよ。

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝であらかじめ決まっているという事実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

両親や代々受け継いできたDNA情報がわが子そのものを形づくっていることはご存知のことと思います。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になってから影響が強く出るそうです。

例として、子供に優れた「判断能力」が遺伝して存在していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝による「判断能力」の実力は見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「判断能力」が徐々に開花し、その後高い「判断能力」が発揮されるのです。


新潟市で遺伝の素質


要するに、子供時代に新潟市で習い事をして実力をつけても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思われるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来的にもったいないことになりかねないというわけです。

新潟市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、最近では遺伝子検査をすることによって、潜在能力がわかります。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>新潟市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、ちゃんと勉強すればできるようになります。日本で育った人なら誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、ピカイチの能力の有無よりも将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>新潟市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

新潟市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。親の希望としてはそんなことも思ったりしますよね。


運動でも素質があるかどうかは遺伝によることがあるのです。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、必要な能力が違ってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、気になる人はチェックしてみてください。

>>新潟市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

子供の将来に何かしらのスポーツをとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や技術を吸収しやすいことがわかっています。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、いろんな能力を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でもいいということになります。

新潟市の周りには習い事ができそうなところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、体が動かせるように導いていくといいでしょう。