日進市の習い事

「日進市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「日進市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

こんな困りごとを抱えたママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの未来を思うのでしたら、あなたの希望だけで日進市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝によって確定してしまうという事実があるのです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

親から受け継いだ遺伝子情報が我が子を作り上げているというのは皆が知っている事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例として、子供に優れた「記憶力」が遺伝して存在していたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも遺伝による「記憶力」の実力は見えません。

ところが、大人になり年齢を重ねるにつれて、記憶力」が目立ち始め、平均よりも「記憶力」が高くなっていくのです。


日進市で遺伝の素質


言ってしまえば、今日進市で頑張っている習い事があったとしても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

頭の良さも遺伝する?

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

と思われるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

日進市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最近では遺伝子検査をすることによって、潜在能力がわかります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなのでお子さんに苦痛はありません。費用は少々かかりますが、才能の無い習い事を無駄にさせることを考えれば価値があると思います。

>>日進市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、学習すれば習得できるものです。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本はこれから海外観光客を相手にする職業が増え、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、とびきりの才能がなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>日進市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

日進市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


そこでも素質があるかどうかは遺伝がその向き不向きに関わります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもどの能力が必要かは変わってきます。

とは言うものの、遺伝子検査によってその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で身体能力がどの程度あるのかもわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>日進市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

子供の将来に何かしらのスポーツをとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期に身体の動かし方やセンスを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、色々な感覚を体得できます。

プロ野球選手でも自らの意志で本格的に野球に打ち込んだのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でもいいということになります。

日進市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、上手く色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすように導いていくといいでしょう。